楽天のアフィリリンクをワードプレスに楽々貼付け【WP-Rakuten-Link】

最近はアマゾンのアフィリリンクばかりを取り上げてきましたが、なんだかんだで物販アフィリにおいて楽天は無視できません。スパムメールがうざかろうが、LPが見にくかろうが、売れるものは売れるんです。日本最大の通販会社ですからね。取り扱い流通金額は1兆円を軽く超えています。全国民が1万円以上楽天で買い物している計算ですからね。これはすごい。

なによりも、アフィリエイターんとってうれしいのはcookieの有効期間が長いこと。アマゾンは24時間ですが楽天は30日間もあります。これはあなたのアフィリリンクを踏んだユーザーが、30日以内で楽天でなにかしらのモノやサービスを購入すると、それがあなたの報酬対象になる、ということ。もちろん、楽天アフィリの実践者は非常に多いので、さすがに30日もたつとcookieが上書きされることはよくありますが。

楽天もリンクを貼るのはけっこうメンドクサイ

楽天もリンクを貼るにはけっこうなステップが必要です。
トップページから

キーワード入力⇒リンクを作りたい商品を選択⇒リンクの種類を選択⇒ソースをコピー⇒貼り付け

アマゾンと同じく面倒ですね。
これもプラグインで楽チン化してしまいましょう。

WP-Rakuten-Link

WP-Rakuten-Linkというプラグインを使います。これはプラグインの検索では出てきません。製作者さんのサイトから直接ダウンロードします。

WP-Rakuten-Link|犬小屋にて

ダウンロードしたらFTPでアップするなり、ダッシュボード⇒プラグイン⇒新規追加⇒アップロードであげるもよし。で有効化したら、次は設定するわけですが、

ダッシュボード⇒設定⇒WP-Rakuten-Link

と開けていくと楽天デベロッパーIDとアフィリエイトIDを入力する画面があります。それぞれ入力しましょう。楽天ウェブサービスでどちらのIDも確認できます。ちなみに、この二つの入力と、クレジットを表記する、にチェックを入れればとりあえずは設定完了です。クレジットはひとつひとつのリンクに記載されるのがイヤな場合は、ほかのどこかに記載しておく必要があります。詳しくはhttp://webservice.rakuten.co.jp/guide/creditで確認してください。

使い方

では実際に投稿してみましょう。投稿を新規追加すると、エディタの下に[楽天市場 商品検索]が登場してますね。

aaaaa

まずは[楽天市場]か[楽天ブックス]かを選択し、下のボックスにキーワードを入力、カテゴリを選択して[検索]ボタンを押すと…ズラッと並びます。で、記事に挿入したいものを選んだら[挿入]をクリックすれば終了。楽チン楽チン♪こんなリンクが簡単にできます。

Error: Suspended

手間は省けるものはドンドン省きましょう。

関連記事

ワードプレスにAmazonJSを導入してみた。【Amazonのリンクが手間無く貼れる】
Amazonアソシエイトのリンクを魅せるものに変えるツールたち

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。