そうだ!!潮干狩りに出かけよう(・∀・)b

って、予定がいぱーいのため、潮干狩りには出かけられないふぁるこです。みなさんこんばんは。いーないーな、潮干狩り。交通費くらいしか出費はかからないし、とったものは食べられるし。たいして難しいことをするわけじゃないから子供でもできるし。ある意味砂場遊びなどをしているから子供の方が上手かもしれませんね~。

NKJ52_ishigakijimanoumi

潮干狩りとは?

潮干狩りのことを知らない方はなかなかいないとは思います。潮が引いた砂浜を掘って貝をとること。おいしい貝がとれるし、前述の理由から家族で楽しめるので大人気です(・∀・)b凄いときは砂浜がひとで埋め尽くされます。

本格的になるとこういう「ジョレン」といった道具まで使って貝をとります。

潮干狩りにシーズンはあるのか?

あります、シーズン。これは、潮汐(ちょうぜき)が関係あります。ということで、まず潮汐のお話から。

海には満潮・干潮があるのは良く知られたはなし。ところが、この干満の差が、時期によって違うということはあまり知られていません。まず、干満は付の引力によって起こりますので、新月と満月のあたりが一番干満の差が大きくなります。これを大潮と言います。他に若潮や小潮などありますが、今回は特に気にしなくて大丈夫(・∀・)b

潮干狩りは干潮のときが狙い目ですので(普段水に浸かっているところが干潮で水がなくなるときがチャンス!!)必然的に大潮のときに狙いに行くことになります。ここまでOK?

次に、この干満の差は、大潮かそうでないか以外にも、季節によって潮の動きが変わってきます。ここでやっと潮干狩りのシーズンの話がでてくるわけです。ゴールデンウィークの時期は、昼間に大きく潮が引くんですね。もう手遅れですが、今日なんかは特に大きく潮が引いていました。明日も今日ほどではないにしても大きく引いてマイナス潮位にまでいきます。(0の基準については超ややこしいのでここでは割愛。通常最低水面と言われる潮位よりさらに潮が引く、ということで理解していただければ大丈夫です)

もちろん、その分沖合いまで砂地が露出しますので、たくさんの貝をとるチャンスが出てくる、ってわけです。ちなみに、冬の12月ころにもマイナス潮位になります。夜中だけどねw本気で好きな人はこの冬の時期にも行きますよ。めっちゃ寒いし、かなり危険だけど。

直近のオススメ日を教えろ

ということで、2013年にオススメな日を書いておきます。干潮時間と潮位は大阪のものです。

  • 4/28 14:47に-7cm
  • 4/29 15:34に-1cm
  • 4/30 16:25に+11cm
  • 5/10 13:07に+11cm
  • 5/11 13:43に+8cm

くらいでしょうかね。

ちなみに、全国の潮汐はここのサイトで調べられます。タイドグラフといって、潮位変化をグラフで表してありますのでとてもわかりやすいです。

http://tide.chowari.jp/

釣割

どこで潮干狩りができるのか教えろ

便利なサイトがありました。るるぶの潮干狩り特集ページです(・∀・)b

【るるぶ】全国潮干狩りスポット

貝毒に注意

貝毒、ってご存知でしょうか?

毒化の原因は渦鞭毛藻など海水中の有毒プランクトンを捕食した貝が毒を蓄え、毒化した貝を食べた事による食中毒症状を言い、一般的に「貝に中(あた)る」と言う。毒素は加熱により無毒化することもなく、蓄積で貝の食味は変化しない。

毒化した貝を食べることで消化器系(下痢)と神経系の中毒症状を引き起こし、死に至る場合もある。日本では下痢性貝毒、麻痺性貝毒の発生があるが、神経性貝毒と記憶喪失性貝毒は、発生報告はない。

毒性をもつプランクトンは水温の上がり始める 4月ごろから5月ごろの期間に発生することが多い。このため都道府県の水産担当部局では、冬の終わりから海水中のプランクトンや貝の検査を行い、毒の量を検査し安全を確かめている。基準値は可食部1グラムあたりの毒力が麻痺性貝毒4 MU、下痢性貝毒0.05 MU以上になった場合で、出荷停止措置が執られる。この措置は、貝自身の代謝により貝毒がなくなったことが検査で確認されれば解除される。潮干狩りなどの自己採集では、中毒が表面化しない場合も有る。
引用元:ウィキペディア
黄色マーカーは当ブログによる

この貝毒は、潮干狩りシーズンの前になると検出されたことが発表されたりします。ちなみに、大阪湾では毎年のように貝毒が検出されているため、とった貝はすべて回収されています。貝毒が検出された場合、そこでとった貝は絶対食べないようにしましょう。

まとめ

潮干狩りに必要な道具はAmazonかナチュラムで買いましょう(・∀・)b(・∀・)b(・∀・)b

ナチュラムアウトドア

あ・・・いや・・・殴らないで・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。