ベビーサイン:アメリカで話題の育児法。わが子にも取り入れてみたい

ベビーサイン、ってご存知ですか?

まだ言葉を話せない赤ちゃんと、ボディーランゲージを使ってコミュニケーションをいはかろうというものだそうです。90年代のアメリカで生まれ、今やアメリカの赤ちゃんのうち10人に1人はベビーサインベビーなんだそう。

ほっぺを三回たたくとミルク、とか。そんな簡単なサインみたいです。赤ちゃんは何も話せませんので、普通はすべて泣いたり笑ったりで伝えるしかないわけですが、このベビーサインを使うと上手にコミュニケーションがとれるようです。

赤ちゃんの側も、自分の要求をキチンと伝えることができるみたいなので、わかって貰えるだけで安心して泣き止んだりもするみたい。

ちょっとにわかには信じられなかったです。赤ちゃんの泣き方や表情を見てるとある程度のことはわかりますが、それ以上にサインなんかで自分の意思が伝えることができるだなんて…

でもこうやって実績を残してきたベビーサイン。赤ちゃんともっとコミュニケーションがとれるようになると嬉しいですよね。

スポンサーリンク

もっとベビーサインのことを深く知りたい

ベビーサインはアメリカで生まれたものですから、当然本場はアメリカです。日本でベビーサインのことを知りたい、やってみたい、と思った場合、どこへ行けばいいんでしょう?

調べてみましたら、NPO法人日本ベビーサイン協会というところがあるみたいです。

日本ベビーサイン協会のサイト

全国津々浦々に教室もあるようですし、今なら講師になる道もあるようです。まぁこれから普及させていく段階でしょうから、講師はまだまだ足りないでしょうねぇ。7日間のカリキュラムを受講し、テストに合格すれば晴れてベビーサインの講師になれるようです。

ちなみに、全国のアカチャンホンポやベビーザラスで無料体験イベントやったりもしてるみたいです。一度連れて行ってみて、赤ちゃんがどんな反応をしめすのかを見てみるのもいいでしょうねー。

ベビーサイン協会からはベビーサインの公式キットも販売されているようですので、それを見てみるのもいいかもしれません。

Error: Suspended

赤ちゃんが少しでも心地よく過ごせるようになればママ・パパにとってはもちろん、赤ちゃんもとても嬉しいことですよね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。